2006年09月28日

NHK首都圏 ゆうどきネットワーク

9月27日水曜日 NHK首都圏湾『ゆうどきネットワーク』港へテレビ出航。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/yuudoki/

CIMG1824.jpg
まっすぐ、真剣!
んなわけで、久しぶりのテレビ漁業は、渋谷NHK放送センター
の中にあるスタジオパークからの生放送出演。

CIMG1816.jpg
スタジオパーク内の見学をしたかったんだけど、時間が無くて断念。
番組作りの舞台裏や公開番組の収録なんかを見学できる
テーマパークみたいになってるから面白そうだったんだけど...。
『スタジオパークからこんにちは』の入場シーンを
自分で再現して歩けるのもココの醍醐味かもしれない。

CIMG1821.jpg
番組終了後「フィッシュロック!」のかけ声でパチリ。
左から、山本哲也アナウンサー、江崎史恵アナウンサー、
角刈りグラさん、ジェリービーンズ 内山利之社長、
NHK千葉 マスコットキャラクター ラッカ星人君、
多田香織アナウンサー、ジェリービーンズの皆様!
おつ鰈秋刀魚でした☆

CIMG1822.jpg
内山社長から元気豚を頂いてしまったーーーーーー!
塩コショウだけだったのかな?本番でも食べたけど、
ホント軟らかくて、脂に甘みがあるポークだったブー。
内山社長の豚を思う気持ちに深い感銘を受けたのは事実。
こうなれば、魚も豚も関係ない!食のバランスが重要。
内山社長サンクス!&ポークロック!!!!!!!!!
ジェリービーンズ→http://www.jb-farm.jp/company.html

CIMG1823.jpg
ジェリービーンズの皆さんと。
鯨太郎(見習い)の額の生え際も凄いが(笑)、
内山社長 奥様のポーズもメチャメチャきまってる!
ジェリービーンズの皆さん!またお会いしましょう〜〆
posted by 森田釣竿 at 18:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 漁業日誌

2006年09月24日

朝日新聞国際編集部の取材と新浦安祭り

9/23土曜日、朝日新聞国際編集部の取材を浦安魚市場店内で。
「サンマのハラワタ、ダイスキデス!
目黒のサンマ祭りイケナクテ残念デシタ!」
なんて軽く言ってしまう外国人記者、
ルイス・テンプラードさんと記念写真。

CIMG1713.jpg
面白そうな外人さんでしょ?インタビュー中に
水が入ったグラスを思いっきり倒しちゃってさ!
その水が全部俺のズボンにひっかかったの!
小便漏らしたみたいな染みになっちゃったんだけど、
「マダ、頭ガ オキテマセン〜!デモ、モリタサン
ラバーブーツ ダカラ ダイジョブ デスネ!?」 なんて言って謝るの(笑)。
ルイスさん!記事、TANOSHIMINI SITEMASUYO!

で、急いで魚市場を店終い!

CIMG1736.jpg
向かう先は、去年に続いて二度目の着岸となる、
JR京葉線 新浦安駅前南口広場港で催されている「新浦安祭り」。
ちょうどその頃、マグロの解体ショーがやっていた。
でっかい本マグロで、解体即売も毎年大好評なんだべさ!

CIMG1731.jpg
盛り上がってるね〜。数万人規模の祭りだそうだ!

CIMG1730.jpg
自治会の販売所や、(舞浜の地ビールが激ウマ!)

CIMG1721.jpg
鴨川市からの海産物ショップ、

CIMG1723.jpg
そして、ゲームコーナー!
お父さんお母さんも、子供達と一緒に楽しそう〜。

大型ショッピングセンターからホテル...そして、
鮪屋(魚力さん)・各自治会・ボーイスカウト・大学・
地元飲食店等が、皆で力を合わせて作りあげた新浦安祭りは、
年を重ねるごとに規模が大きくなっている。
この祭りがきっかけで、浦安の地元・中町・新町、
人と人との交流が深くなっていくんだ。。。いいね。

実行委員会の皆様!浦安商工会議所青年部の皆様!
楽しい祭りを有り難う!!!!!!!!!!!!!

CIMG1715.jpg
時間が迫ってきたので、慌てて楽屋へ移動。

CIMG1714.jpg
新浦安祭りに出演するきっかけを俺達に与えてくれた
浦安商工会議所青年部の伊藤さんとパチリ!
伊藤さんは、浦安魚市場内で塩干物「伊藤」
を経営している若社長でもあ〜る!
浦安魚市場 伊藤→http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/shop/itou.htm

CIMG1739.jpg
楽屋で準備を整えて、いざ出港!
でもガラガラ!!!!!!!!!
コリャ危ない航海になりそうだぞ...。

CIMG1761.jpg
でも、チビッ子がだんだん集まってきたぞ〜。
漁師海女予備軍だな?こりゃ、楽しい航海になりそうだ!

CIMG1762.jpg
「チビ共!集まれーーーーーーーーーーー!」
なんて言ったら、もっと集まってきた。
船に(ステージ)に押し寄せる波(チビッ子)が、
次第に強くなってきた...雲行きも怪しいぞ。

CIMG1770.jpg
すると、行徳かもねぎ祭りに続いて、また鯨小太郎(もっと見習い)
が花束を持って駆け上がってきた!しかも!!!ファッションが
水産WORKERスタイルじゃないか!!!!!!!!!!!!!
兄貴に似て、弟までもその気になってしまったのか!?(笑)

なんて笑いつつ「よーーーーっし!みんな上がっちまえ!」
と、俺が叫ぶと...

CIMG1772.jpg
「ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
初期SUICIDAL TENDENCIESライブのような津波発生

CIMG1777.jpg
かつあげされているような俺。

CIMG1778.jpg
次の曲が「削れ!かつおぶし」だった為、曲中に使用する
鹿児島 枕崎の「かつおぶし」と「削り器」をダシに(笑)
チビッ子達の興味をそっちに反らして危険を回避。
(ホントは一度、漂流しかけているw)
しかし、みんな夢中で刃の付いていない削り機で、
かつおぶしを削ってたな〜。
これをきっかけに、親御さんが削り器を買ってさ、
朝起きた子供達に、ホントに削ってもらったら嬉しいね!
で、本当に美味しい味噌汁を子供に飲ませてあげて欲しいね!
家族の絆も強くなるし、体も丈夫になるし言うことないよ!
...なんだけど、どうでしょ?かつおぶしコミュニケーション。

CIMG1782.jpg
フィッシュダンスもライブハウスに負けないくらいの大量発生!

CIMG1792.jpg
紙芝居や草芝居を見てるときの子供の後ろ姿っぽいな。。。
俺が小さいとき、まだ浦安にはそんな楽しい時間が沢山あった。
なんて言うと、随分偉そうだけど(笑)なんか色々思い出すなぁ。
紙芝居の爺さんには、よく怒鳴られたっけ。。。

CIMG1794.jpg
気づけば大漁!

CIMG1796.jpg
皆さん!今後とも漁港&浦安魚市場をどうぞ宜しく!
浦安魚市場→http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/

CIMG1799.jpg
よろしく!

CIMG1800.jpg
お父さん!見て鱒かー?

CIMG1802.jpg
アメリカ〜ン!

CIMG1806.jpg
自分で削れよ!

CIMG1813.jpg
相模原の母ちゃん!ご馳走様〆

追記@お父さんお母さんへ
   自分のインタビューです。
   子供達が俺みたいな大人にならないよう(笑)
   参考に読んでみてください。↓
   http://www.neutra.go.jp/interview/0605/

 
posted by 森田釣竿 at 18:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 漁業日誌

同窓会祭 強意の三つ巴

9/21木曜日
噂の三組が五年ぶりに集結!この夜、激ヤバ 間違いなし・・・
というわけで、行ってきたのは渋谷O-WEST「同窓会祭 強意の三つ巴」。
ザ・スニーカーズ・氣志團・そして、ニューヨークから帰国して、
今波に乗ってる「ゲビル」が揃うってんだからコリャたまらん!

CIMG1711.jpg
お客さんもいっぱい!チケットもプレミアついたんだって?
とにかく!3バンドの久しぶりの共演にO-WESTは熱気ムンムン。

個人的な希望だけど、またこんなイベントが見たいよ。
まだ、ゲビルがダースゲヴィルって名前で主催してた、
「戦頭 バトルヘッド」みたいなさ。そんな願いを込めて...

CIMG1710.jpg
花輪でお祝い。若、頑張ってよー〆

ちょっとボケてるけど、おまけ写真
CIMG1707.jpg
三つ巴の前日、かむゐのリーダー島口さんと、
和太鼓奏者の御木さんとカラオケ屋で三つ巴(笑)。
そして!ニッポンタンバリンズを結成!!!
活動はカラオケ屋のオリジナルカクテルを
六時間以上飲み続けながら、タンバリンを振る...だけ(笑)〆

posted by 森田釣竿 at 17:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月22日

9/23(土曜日)の告知!

昨年も出港した「新浦安祭」に今年も出港致し鱒!
今年は昨年よりも長い出港時間で、た〜〜〜っぷり皆様に楽しい船旅を
楽しんでいただけ鱒よ!!屋台も沢山出店される大きなお祭りですので、
ご家族でも十二分に楽しめ鱒よ〜。皆さん、是非御乗船下さいね!!

『新浦安祭』
9月23日(土)JR京葉線 新浦安駅前南口広場
開演16:00 乗船料無料
※雨天決行!港は屋内に移動になり鱒。

そして来週、久々電波漁です。
こちらもまた先日出港したNHK首都圏湾、ゆうどきネットワーク港。
前回は1コーナーでしたが、今回は千葉スペシャルということで、
船長が東京湾をレポート。しかも番組50分丸々出ずっぱり!!
当日は、渋谷NHK放送センター内にあるスタジオパークから生放流!!
間近で生放流が魚卵になれ鱒ので、応援乗船お待ちしており鱒!!

9月27日(水) 17:10〜18:00 NHK首都圏港
『ゆうどきネットワーク』
http://www.nhk.or.jp/shutoken/yuudoki/
スタジオ見学は。。。
http://www.nhk.or.jp/studiopark/kengaku-spring.htm

船
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CIMG0898.jpg
新浦安祭ポスターの写真。
去年はポスターに載せてもらえなかったけど...

CIMG0901.jpg
今年は載ってるぞ! 内股で。

CIMG0903.jpg
漁港の前は、マグロの解体 即売会で、
漁港の後は、保母さんダンスチーム「ヤングティーチャー」。
ライブハウスじゃ絶対にあり得ない組み合わせで、俺自身も楽しみ。

みんな、新浦安で待ってるぞ〆
posted by 森田釣竿 at 22:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 漁港告知

海苔とアサリと三番瀬

 CIMG1568.jpg
9/20火曜日、市川の行徳漁港へ。

CIMG1567.jpg
マイクをセットして、

CIMG1581.jpg
貝剥き場に続く二回目のロケ!

CIMG1583.jpg
これは、水車みたいな枠に網を回転させて海苔のタネをつけていく仕事。
タネがついた網は、東京湾屈指の漁場「三番瀬」で成長していく。

CIMG1571.jpg
牡蠣の貝殻に海苔の胞子が!って、これじゃ見えないな...

CIMG1577.jpg
これなら見えるかな?海苔の胞子が糸状に伸びているのが分かる。
行徳で生産される海苔は、磯の香り強くてメチャクチャ美味いんだ!

CIMG1582.jpg
行徳漁業協同組合 漁民センター前。
俺のお爺さんが漁師をやってたっていう浦安の海は、
今じゃ漁業なんて死語だけどさ、隣町の行徳はまだまだ現役!
組合の人が「浦安の高層マンションで潮の流れが変化して、
こっちの海もだいぶ変わっちゃったんだよね〜」って言ってた...
浦安市民として複雑な心境であるが、東京湾の魚介類を
食して守るという気持ちはより一層高まったべさ☆

CIMG1585.jpg
市川市行徳漁業協同組合 澤田洋一さんの船が到着。

CIMG1591.jpg
後ろに見えるのが浦安の高層マンション群。

CIMG1601.jpg
東京湾三番瀬で漁業を営む漁船の数、この日約70艘!
三番瀬だけで70艘っていったら凄い数でしょ。
でも、こんなに沢山の船が出ているのは珍しいそうで、
良い日に撮影が重なってくれたんだって。

CIMG1600.jpg
天候にも恵まれて最高のコンディション。
日射しもホント強くて、夏が戻ってきてしまったようだ。

CIMG1615.jpg
澤田さんからアサリ漁のレクチャーをホント真剣に聞いている俺。
だって、自分のお爺さん達が昔やってたことなんだからね。
なんか漁師DNAが騒ぐっていうか、なんていうか.......
とにかく!生まれて初めて体験したリアル漁に、
興奮しすぎて頭がおかしくなりそうになった(笑)。

CIMG1629.jpg
なんとかすくいあげてアサリGET!
澤田さんに、初めてにしては上出来だと褒められた。
自慢するなって?自慢する!!!!!!!!!(笑)
ネ!澤田師匠☆

CIMG1631.jpg
捕れたアサリ。
もう頭が完全におかしくなって、カリブの海賊の爺さん
のような表情の俺と、超COOLな澤田さんが対極すぎ。

CIMG1634.jpg
捕れたアサリの中に、こんな珍しいアサリも発見!カラフルでしょ?
ブルーハワイっぽいし、グァバっぽいし、曙っぽいし、とにかく南国っぽい。

CIMG1640.jpg
ジャパンっぽい。

CIMG1643.jpg
森田「澤田さん、行徳にいい飲み屋ありますか?」
澤田さん「あるよ〜♪ 今度いこうか?」

仕事そっちのけっぽい。

CIMG1648.jpg
これは、貝の大きさを選別していく「ガタ」という機械。
大きい音でガタガタと音が鳴るからガタなのかな?
マイクでひろってサンプリングしたい音だった。

CIMG1662.jpg
この日の撮影では、澤田さんの船ともう一艘の船が出たんだけど、
そのもう一艘の船を出してくれたシライさんとの記念写真だ!
シライさん!見てますかー?おみやげのアサリ、ありがとうございました。。。

このロケの模様は、9月27日(水)17:10〜18:00
NHK首都圏「ゆうどきネットワーク」の千葉スペシャルで
放送するからお楽しみにねんねんねん〆
posted by 森田釣竿 at 10:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 漁業日誌

2006年09月21日

星屑の会 「星屑の町〜東京砂漠篇」

9/19(火)
鷹丸さんのお誘いで、
(こんな人!→http://blog.yomone.jp/morita/2006/06/index.html
下北沢 本多劇場へ「星屑の会 星屑の町〜東京砂漠篇」の観劇。

PICT0003.jpg
鷹丸さんと石井光三さんは20年以上のお付き合いになるだそうだ。
ごっつぁんです!

PICT0004.jpg
地元に戻って鷹丸さんおすすめのお店で夜飯。
鷹丸さんの食べる量と食べるスピードに感覚が麻痺してしまい、
いつも以上食べちゃって腹パンパン。18人前ぐらい喰ったのか?
とにかく...ご、ごっつぁんです!

PICT0008.jpg
でも、アイスは食べれる。ごっつぁんです!!!!! 〆

石井光三オフィス→http://www.ishii-mitsuzo.com/
粋な相撲料理 ちゃんこ鷹丸→http://www18.ocn.ne.jp/〜takamaru/


posted by 森田釣竿 at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月19日

大塚製薬

ポカリスエット ステビア

※酔魚狂宴ってのは、
俺の勝手メモみたいなカテゴリの
小さな巨人です☆
posted by 森田釣竿 at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 酔魚狂宴

2006年09月17日

秋葉原頂上決戦

そして、9/16日土曜日!秋葉原CLUB GOODMAN港
Mr.浪崎プロデュースの『秋葉原頂上決戦』へ。
当日出演したマキタさんとは2004年の6月新宿red cloth以来!

CIMG1561.jpg
マキタさんは、「正直」な会話が気持ち良く話せる数少ない大切な人。
久しぶりに人として当たり前の会話が簡単にできてホント嬉しかった。

CIMG1563.jpg
矢沢で「はな めがね〜♪」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●マキタ学級CD発売記念特別企画
『マキタ学級大文化祭』
2006年10月10日(火)新宿LOFT
OPEN19:00 / START20:00
前売\2500 / 当日\3000
■出演
マキタスポーツ・マキタ学級
■スペシャルゲスト
グレート義太夫・ポカスカジャン
猫ひろし・浅草キッド・清水ミチコ
■さらにサプライズゲストバンドも決定!

マキタスポーツ*OFFICIAL WEB SITE* → www.m-sports.tv/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陰核御殿 前川さん!今後とも宜しくっす。
chamiさん、早速スリッパ使ってます(笑)。
posted by 森田釣竿 at 23:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 漁業日誌

バカ貝(青柳)

で、これが9/13水曜日。

CIMG1533.jpg
あるテレビのロケで、地元「浦安」の貝剥き場へ。

CIMG1542.jpg
うちの爺さん婆さんも知ってる生粋の浦安人だから、
話し方がわざとらしくなっちゃって大変(笑)。
あ!浦安の方言もあるんだよ〜!浦安弁ね。

CIMG1546.jpg
バカ貝(青柳)...自分の舌ベロを噛んじゃうっていうのがその名の由来だとか。
ちなみにこれは北海道産。埋め立てで浦安のバカ貝は少なくなったのだが、
貝を剥く技術は凄腕な浦安。全国で捕れるバカ貝のほとんどの加工が、
未だに依頼される土地柄というものに愛しさを感じる。urayasu patria!

CIMG1552.jpg
早過ぎて手が見えない!ミック・ハリス!...まさに神業。
しかもね、親と身と子に分けて剥いてるんだな!凄い。。。

CIMG1551.jpg
俺が小学生の頃、こんな貝剥き場が浦安の元町にはまだまだ沢山あった。
町の発展とともに剥き場の数は減ったが、失ってはいけない「風景」だ。

ON AIR(後日発表)、期待してくれ〆





posted by 森田釣竿 at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 漁業日誌

バーベキュー

なかなかタイミングがなくて日にちが経っちゃったけど、
一週間のできごとを簡単にまとめ!...ね。

9/10日曜日、市場が終わってから
江戸川放水路河川敷でバーベキュー。
今回は、鯨太郎(見習い)プロデュース!

CIMG1459.jpg
とにかく、色んな食べ物を焼いて食べた。
久しぶりに焼肉っぽい肉も食べたっけ。

CIMG1447.jpg
こういうときの鯨太郎(見習い)って、
ホントいきいきしてるんだよなぁ...。
仕事もバンドもそのテンションだったら、
もっと最高だぜ!ガンバレ!鯨太郎!

CIMG1457.jpg
鯨太郎(見習い)の弟、鯨小太郎(もっと見習い)
が俺の隣にやってきて、フランクフルトを喰いながら
超適当な挨拶...「こんちは!モグモグ」みたいな(笑)。

CIMG1458.jpg
しっかし!小太郎...良い顔してんな〜。
フランクフルトが似合い過ぎ!
兄貴に負けない立派な猟師になってくれよ〆




posted by 森田釣竿 at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月08日

男の墓場プロダクション

男の墓場プロダクションの撮影で
杉作J太郎監督が浦安魚市場にやってきた。

CIMG1414.jpg

シネマアートン下北沢の動員記録をブチ破った、墓場プロ製作配給の話題作
「任侠秘録 人間狩り」「怪奇!幽霊スナック殴り込み!」の二本が
今年中にキングレコードからDVD化されるそうで、その特典映像で使用する
ものの撮影だったらしいのだが、監督が杉作監督だ...完成が全く想像できない(笑)。

B2_poster4.JPG
「怪奇!幽霊スナック殴り込み!」に俺と深海がチョビ出演。

CIMG1423.jpg
杉作J太郎監督と墓場プロ 田原章雄さん。

CIMG1431.jpg
セリフを頂いた撮影だったのだが、
どういう内容の特典映像なのかホントに分からない(笑)。
ただ、杉作監督が日本の映画界をより面白い方向に変える
ことは分かっているので、DVDの完成が楽しみなだけ!
みんな、買って見て泣いて笑ってくれッ!!!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男の墓場映画祭〜Air/シモキタで君に〜
「男の墓場プロダクションが下北沢に帰ってくる!」
2006年10月21日23時30分
シネマアートン下北沢

●みちのく殴り込み!男の墓場まつり!
「映画とステージショックショーで魅せる210分!」
2006年10月8日18時
さくらホール
岩手県北上市さくら通り二丁目1番1号
前売/当日 清酒1本つきで3000円
□上映作品□
任侠秘録人間狩り
怪奇!!幽霊スナック殴り込み!

詳細は↓
男の墓場プロダクション/杉作J太郎の東京ボンクラ学園
http://rawiswar.at.infoseek.co.jp/
男の墓場プロダクション公式web
http://www.otokonohakaba.com/

どっちかで予告編も見れる!&よろしく〆
posted by 森田釣竿 at 17:21| Comment(5) | TrackBack(1) | 市場日誌

2006年09月06日

北海道函館 戸井 鮪船団

何ヶ月か前、築地市場で仲卸をやってる幼馴染みの友人が、
「北海道函館 戸井船団 Tシャツ」を俺の店に持ってきた。

CIMG1408.jpg
「北海道函館 戸井船団 Tシャツ」のロゴ!超COOL。
Tシャツのフロント左胸部分にプリントされている。

CIMG1391.jpg
バックプリントには「世界一戸井鮪船団」!

CIMG1390.jpg
世界一のピンクに銀ラメ!

CIMG1409.jpg
活〆鮪ってバックプリントも渋い!

なかなか手に入らないホントに貴重なTシャツなのだが、
友人と仲の良いセリ人が、そのTシャツに係わっている
北海道の荷主さんを知っているということで、
友人がセリ人に頼み、セリ人が荷主さんに頼んで、
浦安の市場にやってきたというわけだ。

急いでお礼の手紙と、漁港のCDを
その荷主さんに送ったのだが、今週の日曜日に、
友人がこんな手紙を持ってまた市場にやってきた。

CIMG1276.jpg
嬉しいよ〜。よくインタビューとかで言うけど、
やっぱり現場で働いている人に喜んでもらいたい一心で、
活動してるからさぁ...漁港やっててホント良かった!

CIMG1278.jpg
水産関係の仕事で生活をする、漁師海女様に書くサイン
ほど緊張するものはない。勿論、一枚一枚気合い入れて書いた!

友人の「気持ち」から始まったこの貴重な繋がり。
本当に本当に大切にしたい。友人に感謝!ホントありがと。
セリ人に感謝!友人が無理を言って申し訳ありま鮮(笑)。
そして、荷主さん、船団の皆様!!!!!
今後とも漁港一同、なにとぞ宜しくお願い申し上げ鱒〆
posted by 森田釣竿 at 19:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 市場日誌

2006年09月03日

夏のかもねぎ祭り

「夏のかもねぎ祭り」行徳弁天公園港 漁業ライブの記録。

CIMG1307.jpg
三番瀬でまだまだ漁業バリバリ=伝統産業の行徳...そして!
皇太子様が雅子様にプロポーズされた「新浜鴨場」の行徳で、
やってきたぜ!漁業ライブinかもねぎ祭り カモ〜ン!!!

CIMG1344.jpg
気合いの入ったチビッコ和太鼓チームや、

CIMG1371.jpg
官能的で超SEXYなベリーダンス!

CIMG1315.jpg
ザ・なぐられ屋!そして...

CIMG1377.jpg
俺達のライバル...鴨しれないドナルド マクドナルドさん。

といった超豪華メンバーが勢揃いする中、
行徳駅前中央商店会様&行徳駅前商店会様のご厚意で出港!

CIMG1280.jpg
珍しくライブ写真撮ってたから少し公開↓

CIMG1292.jpg
名物「長いMC」中に、

CIMG1293.jpg
どっかで見たことのあるKIDSが俺達に花束を!
いつもCOOLな深海光一も思わず「アリガトウゴザイマス」。

CIMG1294.jpg
鯨太郎(見習い)に「誰だっけ?」って小声で聞いたら、
「うちの弟です」だって(笑)ありがと!鯨小太郎(もっと見習い)。

CIMG1305.jpg
それでも続く「止まらないMC」に、最前列のチビッコは削り器に夢中!

CIMG1312.jpg
ライブ終了後。押忍!ありがとうござい鱒。

CIMG1314.jpg
ありがとうござい鱒!ありがとうござい鱒!

CIMG1319.jpg
すると!削り器に夢中だったチビッコが走ってきて、
「100円あげるから、一緒にゲームやんない?」
なんつって誘ってきた!ライブハウスじゃ絶対ない展開だ。

CIMG1327.jpg
ピンボールの点数でおもちゃが当たる。
ライブより真剣、鴨しれない。カモ〜ン!

CIMG1340.jpg
けっきょく、三人揃って残念賞!...トホホ。
でもホント楽しかった(笑)。

CIMG1364.jpg
この女の子なんて、サイン書いたら...

CIMG1358.jpg
おもちゃとあめ玉をくれた(嬉泣)。
みんな、立派な漁師海女に育ってくれよ!マジで。

CIMG1342.jpg
最後は行徳駅前中央商店会 鷹丸さんと記念撮影でごっつぁんです〆

「粋な相撲ちゃんこ鷹丸」→http://www18.ocn.ne.jp/〜takamaru/













posted by 森田釣竿 at 21:16| Comment(7) | TrackBack(3) | 漁業日誌

明日出港!!

明日午前11時過ぎから東京メトロ東西線行徳駅下車の
弁天公園港に出港致し鱒ヨ〜〜〜!!
しかも明日は港内で漁港グッズをお貝あげの方にもれなく!!
"CREWの直筆サインカード"をプレゼントしちゃい鱒。

『夏のかもねぎ祭』
9月3日(日)行徳駅前弁天公園
http://www.gyotokushotenkai.com/syoutenmap/syuotenmap20.html
開演未定 乗船料無料
※雨天の場合は9月10日(日)

CREWの地元の隣町、千葉県市川市にある行徳駅前にある弁天公園。
親連れが楽しく集う夏祭りに漁港が出港、大丈夫?!
ご安心下さい!!ファミリー向けの船旅も、ご用意してあり鱒。
ご近所の方は勿論の事、関東湾全域の皆様も集合!!
乗船無料そして、港内では屋台やフリーマーケットなども開催されてい鱒。
綿菓子でも食べながら、御乗船下さいね。
船

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よろしく〆
posted by 森田釣竿 at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 漁港告知

2006年09月01日

枕崎からの宅急便

CIMG1199.jpg
鹿児島県の枕崎市から、浦安魚市場に小包が届いた。
送り主はさつま鰹節協会 Mr.瀬崎のご子息。

CIMG1201.jpg
ドキドキしながら箱を開けてみると、
削り節のパックと新聞紙に包まれた物体が!?
な... なんだろ。。。

CIMG1208.jpg
うぉーーーーーーーーーーー!
見事な鰹節だーーーーーーー!

「鰹 削れ!かつおぶし」のライブパフォーマンスで
実際に削る「かつおぶし」に使ってください!とのこと。
嬉しくって嬉しくって、感謝の気持ちで一杯だ。

CIMG1215.jpg
ん?なんか他にも入ってるな?

CIMG1220.jpg
枕崎の港祭り「きばらん海まつり」で、
ご子息が製作してくれたフライヤーのデータ!

CIMG1222.jpg
「社団法人 日本鰹節協会」作成のかつおぶし文献!

そして...

CIMG1224.jpg
ご子息のお爺さんが「森田釣竿に渡してくれ!」と、
ご自身が作詞された「枕崎小唄」と「玄海小太郎」という
オリジナルの歌詞!!!!!!!!!!!!!
パワフルな爺ちゃんだなぁ...振り付けもあるみたい(笑)。

枕崎からの小包に感謝感激の浦安魚市場だった!うむ〆


posted by 森田釣竿 at 15:37| Comment(3) | TrackBack(1) | 市場日誌