2006年10月26日

おさかな食堂 「美瑠亭”」(ビルディ)

CIMG3228.jpg
北海道産 本ししゃも。

CIMG3232.jpg
近海もの 特大アジ。

CIMG3230.jpg
煮付け最高 きんき。

CIMG3235.jpg
宮城産 さんま。

俺の大切なフィッシュフレンズを車に乗せて...
CIMG3219.jpg
漁港OFFICIAL WEB SITE「漁港速報」でも紹介した
おさかな食堂 「美瑠亭”」(ビルディ)送迎配達 !

CIMG3236.jpg
通りかかった浦安魚市場冷蔵部のダンディに
「なんでカメラ撮ってんだ?なんでだ?」と聞かれ、

CIMG3237.jpg
適当に答えてふざける俺。で、それ以上にふざける冷蔵部ダンディ。

なんてことをやってると、魚の鮮度が落ちてしまうので
浦安魚市場から「美瑠亭”」へ向けて出発出港!!!!!

CIMG3250.jpg
急げ!

CIMG3247.jpg
急ぐんだ!

CIMG3253.jpg
約束の時間に無事到着...ふぅ。

CIMG3259.jpg
毎度ーーーーーーーーーーーーーッ!

CIMG3262.jpg
ガサゴソ!ガサゴソ!

CIMG3265.jpg
あまりにも良い魚に素でカメラ目線な江崎店長(笑)。

CIMG3258.jpg
左から江崎店長、商品開発の内田さん、俺。
爺さんや親父が育んだ「お客さんとの交流」を引き継いでいくのが
泉銀三代目としての俺の大切な仕事の一つでもあるわけだが、
江崎店長や内田さんといった同世代のお客さん...というか
同じ志を持つ「フィッシュフレンド」との夢のある
次世代フィッシュコミュニケーションを待ち望んでいた。
「従来の鮮魚商スタイルでは古い!これからの魚屋は
唄って魚をさばくべきだ!」という想いで漁港の活動を開始した
あのときと同じ感覚を持っている江崎店長と内田さん。
この新鮮な勢いで、諸先輩方の築き上げたフィッシュロードを
さらに昇華していきましょう!
美味くて心が入った魚を美瑠亭” に連れて行き鱒プロミス☆
美瑠亭” さん!泉銀商店ならびに漁港一同、
今後とも宜しくお願い申し上げ鱒!!!!!

ちなみに美瑠亭”のお二人...
CIMG3269.jpg
漁港VIPルームも作ったんですよ!」なんて言ってさ!
実際にその部屋に連れて行かれてビックリ感激した。

CIMG3268.jpg
「こりゃ、もっと働くしかねぇな!」
嫌が応にも気合いが入る漁港の人。

CIMG3271.jpg
トイレに行く壁にも「美瑠亭” 推奨歌手 漁港」(笑)
...ありがたいです。

CIMG3272.jpg
「レジで漁港のCDも置かせてもらってます!」
と江崎店長...ここまでくると何も言えない。

CIMG3273.jpg
俺「内田さん!また明日市場でお待ちしております!」
内田さん「はい!また美瑠亭” でお待ちしております!」
俺「ありがとうございました!」
内田さん「ありがとうございました!」

CIMG3243.jpg
おさかな食堂 美瑠亭”(ビルディ)
東京都江戸川区西葛西6−10−12MMビル2F
電話03-5674-7057  
営業時間11:00〜23:00

よろしく〆
posted by 森田釣竿 at 18:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 市場日誌