2007年05月26日

SHOW-YA 寺田姐さん!

CIMG6883.jpg
SHOW-YAの寺田恵子さんと対談。詳細は後日METALUP!
明日は久し鰤の漁業ライブ!渋谷で待ってるDIE DIE DIE!


ーーーーーーーーーーーー漁港事務所告知!ーーーーーーーーーーーー

旬がまるごと「まぐろ」のCM、観て頂けましたか?只今放流中です!!
雑誌も鮪の事がよ〜くわかるので是非魚卵になって下さいね!!

「旬がまるごと 創刊号は"まぐろ" 好評発売中!!」

http://www.0510food.com/ (公式サイトオープン!)

昨日配信になった、エコロジーオンラインのアルバム紹介記事、
HPでも魚卵頂け鱒! →http://www.eco-online.org/
自分で出来るエコ、探してみて下さいね。

さて、今週末は久々の漁業!!渋谷ジャック、洋チェックです。
渋谷の街が音楽で塗りつぶされ鱒!!
http://shibuyajack.jp/

漁港の漁業が行われる港の「ヒント」は、
様々な商品が並ぶあの「手」の前・・・。
皆様のご乗船を、お待ちしており鱒!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では!

追記@明日も浦安魚市場は大売り出し!
CIMG6940.jpg
今週は、長崎産のサザエがオススメ!

CIMG6894.jpg
市場裏のBARで働いていたタケシから誕生日プレゼント!
タケシ、大人になったなぁ...。遠慮無く、いただきます(泣)。

CIMG6927.jpg
杉作J太郎監督の映画で共演した週間女性自身の田原章雄
さんから、アルバム発売で綺麗な花をいただきました!
田原さん、有難うございます(泣)。

※本日更新の別日誌も見てねん!
http://tsurizao-morita.sblo.jp/article/4119799.html
http://tsurizao-morita.sblo.jp/article/4120088.html
posted by 森田釣竿 at 19:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 漁業日誌

鮮魚の達人

5月23日(水)
CIMG6853.jpg
鮮魚の達人、山根博信代表と浦安魚市場で!
「鮮魚の達人」とは、飽食の現代、時の流れに忘れられようとしている
魚についての目利きができる人間達にスポットを当て、本当においしい
魚を少しでも多くの方々に味わっていただきたいと言う気概を持った
鮮魚の流通業界では希少な部類の人間たち!う〜、かっちょいい☆

俺が手に持っているのは...
CIMG6847.jpg
山根さん直々に認定&授与された...

CIMG6843.jpg
鮮魚の達人 マスターの称号!...いいのか?俺で(恐縮)。
でも!「フィッシュロックの達人」として、鮮魚の達人とスクラムを組み、
日本の魚食文化を盛り上げていきたい!漁業ライブでの俺のドカジャンの
襟元に注目してくれ。フィッシュマスターの証が燦々と輝いているだろう(自慢)。

鮮魚の達人→http://www.esakana.jp/
mixi湾@鮮魚の達人↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1144448
posted by 森田釣竿 at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 市場日誌

海の幸に感謝する会

5月15日(火)
CIMG6519.jpg
OPRT(社)責任あるまぐろ漁業推進機構の原田さんと人見さん。
そして!海の幸に感謝する会「ウーマンズフォーラム魚」
白石ユリ子代表と佐藤安紀子さんが浦安魚市場に!

CIMG6633.jpg
ウーマンズフォーラム魚が編集している書籍「クジラから世界が見える」
は、クジラと地球環境・クジラと人間の共存まで、分かりやす〜く
書いてあって、ホント勉強になる。うちの爺さんと親父がクジラ
好き
(もちろん!俺もクジラ好き☆)で、店にクジラを
置いてるけど、この本を読んだことがきっかけで、もっとクジラ
が好きになったね。ちなみに、浦安魚市場のメインシンボルは
クジラのク〜ちゃん(笑)。

CIMG6634.jpg
「水産振興」ウーマンズフォーラム魚の軌跡は、
海に囲まれて生活する我々日本人のバイブル!

「愛する日本、大切な海と魚。それが今、危機にある。」
「国民全員が、食の視点から海と魚を考えなければ。」
「若い母親たちに、いかに食文化を伝えるか。」

漁港ファンは必読!

ウーマンズフォーラム魚→http://www.wff.gr.jp/
※)白石代表の海や魚に対する思いが「pdf」で読める!
責任あるまぐろ漁業推進機構→http://www.oprt.or.jp/
posted by 森田釣竿 at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 市場日誌