2007年01月26日

富士急ハイランド

CIMG4439.jpg
1月22日(月)富士急ハイランド FUJIYAMAを待ち合わせ場所に、

CIMG4441.jpg
プロ和太鼓奏者 御木裕樹氏と、

CIMG4444.jpg
大事な打ち合わせ。
今後の音楽人生を左右する大事な話しだったので、
最高部79m・最高速度130km/h・全長2,045mという
FUJIYAMAを打ち合わせ場所に選んだのだが、
所要時間3分36秒で全て話せるわけがなかった。
この後「ええじゃないか」に移動するが、
FUJIYAMA以上の攻撃性に話す余裕など全くなく...

CIMG4437.jpg
けっきょく、静かな場所に移動して打ち合わせを終えた。
今後、「FUJIYAMA」と「ええじゃないか」を、
打ち合わせ場所に選ぶことは二度とないだろう〆

2007.2.jpg
和太鼓 御木裕樹 ライブ 2007年 2月26日(月)
詳細→http://www2.odn.ne.jp/wadaiko-miki/
posted by 森田釣竿 at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 休市日誌
この記事へのコメント
今後の音楽人生を左右する大事な話ー!?
「FUJIYAMA」と「ええじゃないか」
打ち合わせに選んだ場所からその話の濃密さが伺えます。
きっとこのときのマシンは二人のオーラが他を寄せ付けない異様な空間となったことでありましょう!
結局打ち合わせには合わなかったようですが・・・(笑)
今度のライブに向けては、体力をつけていかねば!と思っております。
なぜなら御木さんの”気”の凄さに体力を奪われてしまうから。
これまで何度かライブハウスでの短い時間のステージは拝見したことがあるのですが、それだって凄いんだから!
ライブをこの日に選んだ御木さんの意気込みも加わり、一体どんなことになるのかと、怖くもあり楽しみでもあり・・・。
Posted by はな at 2007年01月27日 07:34
船長と御木さん、本当にいつでもどこでもお会いになっていらっしゃるようで、本物の兄弟以上の“極太の絆”で繋っているのだなあと感じさせて頂いております。例えば、待ち合わせ場所を大雑把に「アマゾン下流で会おう!!」ということにしても、きっとお二人は同時刻にそこへ現れるのでしょう…。御木さんのブログも拝見しておりますが、やはり日本を蘇生させるキーワードは“ありがとう”…これしかないですよね。日本国民のみならず、世界中の人間の心からもっと自然発生的に、周囲に対する“ありがたみ”の感情が
沸き起これば良いと思うのですがっっ!
Posted by 漁港近衛兵 at 2007年01月27日 13:34
因縁の226
大和魂 リベンジと永遠と進化を
婦女は祈り ただ見守るすべしか持ちません
日本が誇る
最終兵器のお二人 
最後の日本男児
そして 音楽の力は すべてを超えて

FUJIYAMA
ええじゃないか
何か 真っ白な気持ち
憑きモノも吹っ飛んだ
どうか戦ってくださいまし
戦い続けて下さいまし
Posted by くろまぐろ at 2007年01月27日 23:48
毎度!
皆様、凄〜いコメントありがと。
”兄弟”御木さんも喜ぶと思い鱒〆
Posted by 森田釣竿 at 2007年01月28日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3171249

この記事へのトラックバック