2007年02月02日

ちば デスティネーションキャンペーン

マーケッ子さんのブログでも書かれてるけど、
市場で働くマーケッ子のぼやき→http://yaplog.jp/markekko/
CIMG4717.jpg
全国のJR6社と千葉県が、ガッチリ組んで展開していく大規模な
観光キャンペーン、ちば デスティネーションキャンペーンが始まった!
これは、キャンペーンで制作された浦安のガイドブック。
いつもリゾート地ばかり注目される浦安だが、
元町のマニアックな情報が掲載されていて、
なかなか読み応えがある!と、地元の俺が思った。
首都圏JR各駅で配布されてるそうだが、
浦安市観光協会のページでPDF版がダウンロードできるそうだ。
ホントに良いガイドブックだから、絶対に入手すること!
浦安市観光協会→http://www.urayasu-kankou.jp/index.php

俺が働く浦安魚市場も、土曜日と日曜日の営業時間を
通常の12時から16時まで延長!
日曜日に限っては、先着1000名様に味噌汁の無料サービス!
DC期間中(二月〜四月)までのイベントなんだけど。
詳細→http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/

CIMG4698.jpg
浦安新鮮魚市場で「江戸前」の達人になる!ッてことで、
DC体験イベントも浦安魚市場組合員総出でやる!

CIMG4696.jpg
DC体験イベント費用として、1000円払わなければならないが、
マグロなかおち作り体験アサリ剥き体験ができて1000円だから絶対安い!
写真はマグロなかおち作り体験会場。ちなみにこの会場の真ん前が
俺の店(笑)。ライブで店にいないときもあると思うが、
遠慮なしに来てくれよ! で、なんか買っておくれ☆

CIMG4700.jpg
体験会場に飾ってある昔の浦安の写真。
凄い数の船だろ〜。この時代に生まれたかったぁ。
さすがのミッキーマ○スも、この時代の浦安は知らないはず。
俺も当然知らない ハハハ!

CIMG4701.jpg
うちの親父の爺さんが、こんな仕事をしていたと思うと興奮する!
NHKのリポーターをやらせてもらったときに体験したけど、
想像以上の重労働だよ...でも、羨ましいよなぁ。
さすがのミニーマ○スも、この時代の浦安は知らないはず。
俺も当然知らない ハハハ!

CIMG4704.jpg
これは祭りの写真かな。今でも、大小合わせて100台以上の神輿と山車が、
繰り出される四年に一度の大祭は面白い!漁師町のなごりが独特なんだ。

CIMG4713.jpg
んな訳で、

CIMG4712.jpg
ちば デスティネーションキャンペーンで、浦安魚市場が気合い入れて
作っちゃった浦安魚市場イメージキャラクターのクーちゃんがプリントされた
超硬派な黄色いウインドブレーカーを着て、みんなの浦安訪問を待ってるぜッ!

追記
CIMG4694.jpg
ビクター時代のDOOMが再発されたので、
久しぶりにDOOMばっかり毎日聞いてスカルスラッシュ!
posted by 森田釣竿 at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 市場日誌
この記事へのコメント
ご紹介ありがとう。
またトラバに失敗した(-。−;)

とにかく硬派なイエローで頑張りましょ。
結構似合ってたりするし・・・w
Posted by マーケッ子 at 2007年02月02日 20:33
ひゃやぁぁぁ!
やりおるなぁ千葉!浦安!
市場も16時まで!これは寝坊した人も、遠方の人もいっぱい来てもらえますね!船長をはじめ、市場の方々にはお疲れさまではありますが・・・。
船長、黄色のウインドブレーカーが素敵です!
浦安に住んでるっっていうと「あーっ、ディズニーランドの!」と返ってくる。「うんうん」と言いながら「ま、そうなんだけどね、ホントの浦安はちょっと違うんだなぁ」と思ったりする。
だから元町のことも紹介されてるというのは嬉しいですね。
モノクロの写真、実に人間くさい。
当時の人々の喜びも苦しみも貧しさも全て「生きている」ということが凝縮されて写し出されている、そんな気がします。
生きることに一生懸命な時代。人が人らしくいた時代。
今、世の中は豊かになり、生きる意識もなくただ息をしているだけの人が何と多いことか。
我々は生きることの意味を今一度考える必要があるのではないだろうか。
最後にDOOM!
これーーっ!!私の今一番の興味品ですよー!買いに行かなきゃと思ってたヤツです!
Posted by はな at 2007年02月03日 04:41
JR東日本の広告が新聞に掲載されており、千葉県知事が“ちばDC”に関し、思い入れたっぷりに語っているのを読みました。知事いわく“…『南総里見八犬伝』を模して「房総発見伝」をコンセプトに「花・海・健・歴・祭・味・夢・美」という8つのテーマを盛り込みました”との話でしたが、確かに千葉には一口では語り切れない魅力…and恐ろしいモノ・コトが沢山詰まっていると思います。十代の頃、浦安の親戚の家に泊まりに行った際、夜中に暴走族がうるさくて不眠症が悪化したのも今では懐かしい思い出です。船長のお仲間も走っていらっしゃったのでしょうか。
Posted by 漁港近衛兵 at 2007年02月03日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3272258

この記事へのトラックバック