2007年04月25日

船酔いトークライブatロフトプラス湾!

  4月22日(日)
『漁港アルバム出港記念!船酔いトークライブ
atロフトプラス湾(生メバチマグロ刺身付き)』

CIMG5890.jpg
生メバチマグロを...

CIMG5888.jpg
ブツ切りにして、

CIMG5895.jpg
漁港事務所STAFFと泉銀STAFFでパック詰め。

CIMG5892.jpg
酒が入ると何もかもが止まらない俺のオフクロ(笑)も真剣に作業中!
夜、プラスワンで皆に配ったマグロの仕込み風景だぁ...面白いでしょ?

CIMG5907.jpg
『漁港アルバム出港記念!船酔いトークライブatロフトプラス湾
(生メバチマグロ刺身付き)』ほぼオンタイムで出港!司会は
電撃ネットワーク 三五十五さん。三五さんは、「楽しい熱帯魚」
で連載を書くほどの熱帯魚好き...漁港とフィッシュラブ繋がり☆

CIMG5921.jpg
漁港 初アルバム「漁港」のExecutive Producer、「株式会社 大頭」
社長!福田裕彦さんの乾杯音頭VTRで、

CIMG5922.jpg
乾杯!

この日、福田さんは浜田省吾さんのツアーで長崎に。福田さん!
...確実に何か変なVTR、有難うございました(笑)。

CIMG5931.jpg
歌詞カードイラスト・初回限定のカードイラストを
担当した阿部さん、勝部さんのご挨拶の後(二人とも有難う!)、
1stシングル「鮪」からお世話になっているロックフォトグラファー、
加藤仁史さん登場!アルバムで使われなかったヤバイ写真を、
スライドショーを使って見せてくれました...とにかく笑った(笑)。

CIMG5934.jpg
アルバムインナージャケットに70年代アニメテイストたっぷりの
第三泉銀丸のイラストを書き下ろしてくれた漫画家加藤礼次朗さん。
礼次朗さんは「筋肉番長」「おやじマン」といった作品で、知る人ぞ知る
カルト熱血漫画家さんなんだけど、昨年大ヒットした河崎実監督の
「日本以外全部沈没」では役者としても活躍!最初に俺が市場で
書いた第三泉銀丸と、礼次朗さんが書き下ろしてくれた第三泉銀丸
と見比べながらこれまた爆笑トーク。あんな絵があんな絵に変身して
しまうんだから凄い!
 
CIMG5938.jpg
伝説のバンド、ローザ・ルクセンブルグでデビュー!解散後、
ルースターズ、スターリン、メトロファルスに参加。今現在、
フリーのドラマーとして数多くのアーティストに携わる傍ら、
いち早くハードディスクレコーディングを導入し、レコーディングや
ミックスなども手がけている漁港のお師匠さん三原重夫さん。
アルバムではProducer、Recording&Mixing Engineerとして、
色々とお世話になりました。でも!トーク中に俺の腕を噛む
のはどうなんでしょう!(笑)。..........なんか、三原さんとは
そんな感じのお付き合いなんだよな。ってよく分からん!!(笑)
三原重夫情報!
サウンド&レコーディング誌で、ROLANDのレコーディングソフト
「soner」について大好評連載中!今発売されているサンレコでは、
漁港アルバムのレコーディング時の話しが満載...必見!

CIMG5942.jpg
この日、4月22日はアースデイ(地球の日)。。。
ロフトプラスワン港にも協力していただき、開港時とこのハーフタイム時
の5分間だけ最低限の照明のみ使用し、キャンドルを使わせてもらいました。
今回発売されるアルバム「漁港」は、共存がテーマともなっていて、
アルバムジャケットには100%再生紙、大豆インクを使用した。
現時点で俺達ができる「分かりやすいエコ」かな...。でも、俺等は
存在自体がとっくにエコ(本気)で、万物に感謝する気持ちが
「無駄」を無くすエコの原点だと思っている。俺達のキーワード
「食べ残しゼロ」だってけっきょくそういうこと。
これからも、できる限りのことはやりたい...そう強く思っている。

CIMG5943.jpg
韓国のテレビで紹介された映像等をスクリーンで放映。

CIMG5950.jpg
ハーフタイムが終わり、第2部に突入!ゲストは、杉作J太郎監督・
ギンティ小林さん・掟ポルシェ。さん。漁港で出演させていただいた、
杉作監督“監督・脚本”の「怪奇!!幽霊スナック殴り込み!」の映像や、
浦安魚市場を長時間にわたって宣伝してくれたDVD特典映像を
見ながらまたまた爆笑トーク。ここまでくると、お客さんより
自分達が楽しんでいるかもしれない(笑)。

CIMG5955.jpg
漁港の「勝負ライブ!」と、俺の「勝負飲み!」に欠かせない兄弟!
「御木裕樹」さんと。御木さんとはライブ映像を見ながら日本の話し、
東武ワールドスクウェアの話し(笑)と話し始めるのだが、そう簡単に
時間内で話し尽くせないということが、舞台上でお互いに一瞬で察知
御木さんとはよく飲む機会が多いのだが、いつも6時間以上平気で話し合って
いるので、この15分は本当に短く感じた。御木さんが話すことは、
人として真っ当で、本当に素晴らしい内容ばかりなので、またの機会に。。。

CIMG5959.jpg
最後のゲストはゲビルの若とフルセイル代表の平本一穂さん!
ゲビルとはダースゲヴィル時代からの付き合いだからねぇ。
もう6年以上の付き合いになるのかな?昔話で盛り上がった〜。
しばらくしたら、客で見に来ていたウチのオフクロにさ、
急にスイッチ入っちゃってね。「若〜!若〜!」って大騒ぎ。
あれにはビックリしたけど、ゲビッ娘だから仕方ないか(笑)。
平本さんとは、浦安で飲んだ話し。平本さんとはゲビルが
いなければ出会えなかったんだよねぇ...。ゲビルに感謝。
若、平本さん、これからヨロシクね☆

CIMG5978.jpg
出演してくださった出演者の皆様!本当〜に有難うございました。
メジャーデビューから3年。自分達の「今」のテンションが、
これだけ良い形で発表できたのも、皆様の支えがあってのもの
だと思っております。まだまだ、未熟な我々ではございますが、
今後とも宜しくお願い申し上げ鱒!

CIMG5969.jpg
そして!新宿ロフトプラス湾に集まってくれた漁師海女のみんな...
本当に有難う。やっぱりね、あれだけ現場が盛り上がったのは、
みんなの協力があったからなんだよ。みんなが一生懸命働いて稼いだ
大切なお金だ。そんなに安くないチケット代金を払って見に来てくれる
わけだから...。配ったマグロにも、そんな感謝の「心」を込めて市場で
ブツ切りにした...ホントだよ。みんなの力が無ければ、自分の力なんて
ハナクソみたいなもんだ(ハナクソポリポリ)本当に本当に有難う!
アルバム発売記念のトークライブだったけど、俺達は生かされていた...。
これからも応援頼みます!俺達も倍にして返すからさ...感謝〆

追記@「漁港」アルバム発売日は5月23日、暗記&宣伝ヨロシク。

そして、この日発表した...

6月10日(日)秋葉原GOODMAN港
ワンマンライブ2007 
アルバム100%再現!
『秋葉原大漁祭り』


秋葉原GOODMANはトークじゃなくて歌い鱒。
チケット予約・詳細はinfo@gyoko.comまで。
posted by 森田釣竿 at 11:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 漁業日誌
この記事へのコメント
心からすべて!ごちそうさまでした!!!
もう一言では語りきれそうにないのでこれにて〆!!
あ・一言だけ・・アルバム!!この本気迫!ものすごい聴き応えで震えております!本気!倍に返していただきました!そしてこの魂の集合体は絶対にユニバーサルからの発売ではありえなかったことかと。素晴らしい感動をありがとうございました!
Posted by くろまぐろ at 2007年04月26日 03:41
LPOの初ワンマン、大盛況でしたね!二人の加藤さんによるスライドショーは本当に楽しかったです。鮪のヒレをモヒカンに見立てた鋲ジャン姿の船長の写真に痺れる反面、ノーメイクのシン様の写真になぜだかゾッとさせられたり、生メバチの刺身を頬張る生テクマ!さん(ボーダー柄のシャツが憎らしい程お似合いで!)を客席に発見して何度もチラ見してしまったり、もう会場中に気になる人が多過ぎて、どこに焦点を合わせて良いのかわからないまま、あっという間に終演になってしまったので、是非また第二回目が開催されることを願いつつ、毎日誰かと思想戦(笑)のタイマンに励んで参りたいと思い鱒!
Posted by 漁港近衛兵 at 2007年04月26日 21:10
ひとつひとつに感想を述べてたらストップ効かなくなりそうなので・・・。
ゲストの皆さんのお話はみんな楽しく、時間制限などなければ良いのにと思わずにいられませんでした。本来なら頼もしい仕事っぷりである、鯛ムキーバーのシン様が憎らしく思えるほどでした(笑)。ゲストそれぞれの方の漁港との濃いお付きあいに、海女の一人として感謝感激。笑いと涙の漁は今後の漁港の発展を期待させるに十分なものであったと確信しております。
Posted by はな at 2007年04月27日 13:08
ひとつひとつに感想を述べてたらストップ効かなくなりそうなので・・・。
ゲストの皆さんのお話はみんな楽しく、時間制限などなければ良いのにと思わずにいられませんでした。
本来なら頼もしい仕事っぷりである、鯛ムキーバーのシン様が憎らしく思えるほどでした(笑)。
ゲストそれぞれの方の漁港との濃いお付きあいに、海女の一人として感謝感激。
笑いと涙の漁は今後の漁港の発展を期待させるに十分なものであったと確信しております。

当日購入したCD、各魚の情景を思い浮かべながら聴いておりますと、あぁ、出港が待ち遠しい!

Posted by はな at 2007年04月27日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3834934

この記事へのトラックバック