2006年10月08日

屋久島 三泊四日 四日目 最終日

前日の疲れがドッとでるかなぁ...なんて心配してたけど、
ライブ一時間半やった翌日の筋肉痛 程度ですんで一安心。
今日、屋久島から「家」に帰るってことを考えると、少しは寂しく
なったりするのかなぁ...なんて寝る前に考えていたら大間違い!
一晩寝て起きただけで、色々な現実に対して、やる気が
湧いて湧いてどうしようもない。「早く帰んねぇとなぁ...」

いつも市場では、朝一番に缶コーヒーでタバコをふかすのだが、
CIMG2438.jpg
この日はコーヒーを入れて山を眺めながらタバコ飲んでみた...うーん、贅沢。
明日からまた一から適当に頑張るフリをしながら頑張るぞ!なんて、
もの思いにふけっていると、一緒に行った連れの一人が
俺の部屋に大声で入ってきた。「虹ダブル!虹ダブル!」。

おぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
CIMG2442.jpg
ダブルンーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
CIMG2445.jpg
でっかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CIMG2446.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

冗談みたいな大きさだった。

まるで、コージー・パウエルが加入して、
中世音楽の影響が前面に押し出された大作。
BLACKMORE’S RAINBOWの「虹を翔う覇者」!

なんかBURRN!臨時増刊 METALLION Vol.3が
新品で戻ってきたくらい得した気分...じゃないな(笑)。

気が付けば、虹だけで一時間も騒いでいる。
チェックアウトの時間を気にしながら、チャッチャと朝飯をかっ喰らい、
初日の土産屋で購入した「YAKUSHIMA 飛魚Tシャツ」を着て(笑)
CIMG2590.jpg
フロント精算。

CIMG2481.jpg
さぁ!車に乗って屋久島 三泊四日ラストスパート!

CIMG2492.jpg
という、
CIMG2487.jpg
「平内海中温泉」に寄り道。それから、

CIMG2508.jpg

CIMG2536.jpg
日本滝100選の一つ「大川の滝」へ。 そして、

CIMG2550.jpg
世界自然遺産地域 西部林道。
そこで見た↓
CIMG2555.jpg
屋久鹿
CIMG2554.jpg
屋久猿。それから、

CIMG2571.jpg
ウミガメ上陸日本一「永田浜・いなか浜」で

CIMG2568.jpg
うさぎとかめ。

CIMG2570.jpg
卵を産むフリ。

さらに!
CIMG2574.jpg
環境省認定「かおり風景100選」サバ節の里へ行くと、

CIMG2575.jpg
既に仕事が終わってしまっていた様子で(残念!)、

屋久島空港で遅い昼食を。
CIMG2581.jpg
トビウオと鹿肉が盛り合わされた屋久島定食を美味しくいただき、

CIMG2584.jpg
屋久島産 本格焼酎「三岳」「屋久杉」を抱え込んで、

CIMG2588.jpg
千葉県に帰港したとさ。サンクス!屋久島! アディオス!屋久島!
この貴重な四日間を、俺は忘れないよ...以上!贅沢終了〆

posted by 森田釣竿 at 20:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 休市日誌

屋久島 三泊四日 三日目

早朝四時起床。
荒川登山口から、標高1300mの斜面にそびえ立つ、
屋久島のシンボル的存在である縄文杉を目指した。

CIMG2325.jpg
まだ眠いのか。顔が本当に素の状態で、健康大好き親父に見えて恥ずかしい。

CIMG2328.jpg
車内で朝食をとり、いざ出発!Tシャツ中入れがポイント。

CIMG2332.jpg
こんな感じのトロッコ軌道や、

CIMG2334.jpg
こんな感じのトロッコ軌道が二時間半〜三時間ほど続くのだが、
大正時代にこのレールを敷いた人や、江戸時代にここまで
年貢の変わりに杉を伐採にきていた人のことを思うと屁でもない!

なんてカッコつけてたら,,,
CIMG2341.jpg
ドでかい雨粒が降り出してきた。いやな予感がする...

戦時中、あまり使用されずに野菜の貯蔵庫になっていたという防空壕や、
「切株更新」「倒木更新」と呼ばれる、疲れを忘れてしまうほどの、
強い森の息吹を感じながらトロッコ軌道を歩き終わると、
非常に興味深い公衆便所がそこにあった。

CIMG2349.jpg
このトイレは汚水を分離・浄化し、上澄水を常に便器に流す
「無放流循環システム」を採用しています。河川などへの放流がない
「完全閉鎖型」なので、自然破壊を起こすこともなく、世界自然遺産
の島にふさわしいトイレです。って、凄い!!!
昔のボットン便所のような匂いが確かに強いが、
そんな匂いなんてすぐ慣れる。
世界中の便所がこのシステムを導入したらどうなるだろう
...臭いのはわかるけど。
でも、人間の可能性を少しだけ信じられるような気がして、
その臭い以上にたまらなかった。

CIMG2351.jpg
もしかしたらこの日、このトイレが一番印象深く心に残ったかもしれない。
おしっこ チャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
さぁ!縄文杉までの約二時間半。気合い入れていくぞ。

CIMG2357.jpg
翁杉。ヒノキやヤマグルマ、サクラツツジといった着生樹と
苔類におおわれている...だって!

CIMG2362.jpg
ウィルソン株の中で、この写真を撮ったときに、レンズから
雨水がカメラ内部にまで入り込んでしまい、撮す写真全てが
「サウナ」で撮影しているようになってしまい、
楽しみにしていた大王杉・夫婦杉の写真を断念。
でも、縄文杉だけはどうしても写真に残したい!
という願いを嘲笑うかのようにカメラが急に動かなくなってしまった

何度電源を押しても動く気配無し。
このままでは、
深海光一「縄文杉まで行く前に疲れてリタイアしたんだよ。」
鯨太郎(見習い)「ですよね。証拠がないですからね。」
なんて、思われてしまう!カメラ!頼む!動いてくれ!
サウナでもいいから撮影させてくれ!カメラ!お願い!

なんて焦っていたら、着いてしまった...縄文杉。
確かに感動はした...しかし!カメラが!カメラがぁ〜!

う...動いた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
よし!急いで撮るぞ!急いで撮るぞ!!!!

CIMG2387.jpg
サウナ...

CIMG2389.jpg
サウナ...

もう無理かぁ。。。
雨も酷くなってきたし、森全体にガスが大量に発生してきた。
しかし!そんな過酷な状況下でありながら「最後」と決めて
撮った写真が↓
CIMG2390.jpg
ミストバスに!
もしかしたら、もしかするかもしれない!
縄文杉様!どうか!深海&鯨太郎(見習い)のガリデブ・タッグチームに
話しができるような証を自分にください!!!!!!!!!!!!!!!
と、本気でお願いしてみたら...

CIMG2397.jpg
撮れちゃった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

CIMG2398.jpg
撮れちゃった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

CIMG2399.jpg

縄文杉様ぁーーーーーーーーーーーーーーーーー!
撮れちゃいました(泣)ーーーーーーーーーーー!


CIMG2400.jpg
「...終わった。」

なんて顔してるけど、まだ終わりではない。
登山口まで早く戻らなければならないのだ。
縄文杉大先輩に感謝の気持ちと別れの挨拶。

「また、来ます。」なんて、縄文杉を見た人が思うそうだが、
その気持ちが確かに分かる気がする...不思議だ。

CIMG2407.jpg
帰りはもう軽快!軽快!
なぜか治ってしまったカメラで、
JAWSのような倒木と闘ったり、

CIMG2408.jpg
喰われたりする写真(笑)をバチバチ撮影!

CIMG2418.jpg
メデューサのような杉もバチバチ撮影!

CIMG2428.jpg
登山口に無事到着〜。
ん?サウナ!?...ま、いいや。

出発から10時間ほどの「旅」。
自分なりに新たに知り得た感情・感覚というものは、
今後の己自身にとって大きな糧になったことは言うまでもない。
森のこと、川のこと、海のこと、雲のこと、雨のこと、人のこと。
森のこと、川のこと、海のこと、雲のこと、雨のこと、命のこと。

やっぱ、地球に住んでんだな...地球に。
けっきょく、ココに住んでんだよ...全部が。

それでも葛藤は終わらない。
だからこそ面白いんだな。
死ぬまでコレだからな。
死んでもコレかもしんないし。
だから、強気でも弱気でも
この地球に生まれてメシ食えて本当に良かった。
地球や魚、ゴキブリ先輩に感謝しなききゃ。
お父やお母、先祖先輩に感謝しなきゃ。

少し疲れたけど、運動会が終わった後の風呂上がりのような
気持ちよさを、脳も体も鮮明に思い出した一日であった。

CIMG2431.jpg
ふぅ。。。 〆
posted by 森田釣竿 at 17:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年10月07日

屋久島 三泊四日 二日目

CIMG2051.jpg
慣れないけど、なんか嬉しい「朝食バイキング」を食べ終え、
向かった先はトビウオ水揚げ日本一を誇る安房港!
ちなみに屋久島じゃトビウオを「トッピョ」って呼ぶそうだ。

CIMG2052.jpg
いい雰囲気でしょ?年期が入った灰色って、
昔っから好きなんだよ...ストーンマンとかさ。

CIMG2054.jpg
上屋久町漁協と屋久町漁協が合併してできた「屋久島漁協」。
安房がトビウオなら、島の最北部「一湊」は首折れサバが有名!
水揚げされた魚のほとんどは、鹿児島を中心に島外へと出荷されるッピ☆
この港でライブができたら良いなぁ...また一つ、夢が膨らんだ。

トビウオの楽曲イメージ、首折れサバの寝技イメージを
頭の中で組み立てながら「白谷雲水峡」に到着。
白谷雲水峡は、屋久島中部に近い標高800mにある
森林レクリエーション施設で、宮崎駿監督の「もののけ姫」
のモデルになったって場所。

CIMG2059.jpg
生まれて初めてのトレッキングにチョビ緊張。

CIMG2067.jpg
人間は小さい。

CIMG2078.jpg
人間は小さい。

CIMG2090.jpg
人間は小さい。

CIMG2097.jpg
人間は小さい。

CIMG2107.jpg
人間は小さい。

CIMG2130.jpg
人間は小さい。

CIMG2141.jpg
「人間は小さい。」と三本槍杉。

CIMG2159.jpg
人間は小さい。

CIMG2160.jpg
ちょっとでも腹が減ると力が出ないし、
phitenをしてれば安心だと思う人間...やっぱ小さい。

CIMG2174.jpg
本当に人間は小さい。

CIMG2181.jpg
ケツをプリプリさせても小さい。

CIMG2190.jpg
小さい命が顔を出した。
やっぱり感動する。

CIMG2192.jpg
美味しい水も飲み放題だ。

CIMG2217.jpg
太鼓岩を目指す。

CIMG2219.jpg
素晴らしい景色が俺を待っている!

CIMG2223.jpg
見ろ!太鼓岩から見るこの雄大な雨雲を!
って、何も見えないじゃん...トホホ。でも!

CIMG2223.jpg
レインコートを着て心機一転。

CIMG2227.jpg
誰もいない「もののけ姫の森」で、
その主題歌を大声で歌う人間。

CIMG2250.jpg
太鼓岩ショックも忘れ、
清々しい気持ちでふもとに戻る。

CIMG2255.jpg
そしたら目の前に急に屋久鹿がピョンと出てきた!
この後、子供も出てきて本当にビックリ。

CIMG2266.jpg
もうすぐゴールだ!吊り橋でタップダンス。
「白谷雲水峡」よ...さらば!

まぁ、天候には恵まれなかったが、白谷雲水峡に行って良かった。
ここ最近、人として当たり前のことを、わざわざ感心してしまうという
変な風潮に「飽き飽き」していた自分にとって、
強く自然で、強く当たり前な場所。。。
無垢な「着生」を見習って、クリーンな精進をして参ります!
ホントそう思った。ホントそう思った。ホントそう思った。

CIMG2314.jpg
帰り道に興味があって寄った「トロ沖の滝」。
海に直接落ちるという珍しい滝で、日本じゃココと北海道
にしかないんだって...水が綺麗すぎて魚が近寄らないそうだ(笑)。

CIMG2310.jpg
二日目バイバイ!    〆
posted by 森田釣竿 at 20:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年10月06日

屋久島 三泊四日 一日目

CIMG1912.jpg
鹿児島の魚軍団!

CIMG1913.jpg
首折れゴマサバ!

CIMG1926.jpg
トビウオ!

CIMG1927.jpg
トッピー!

というわけで、10月2日から5日までの四日間、
CIMG1921.jpg
鹿児島県 屋久島へ遊びに行ってきた!

CIMG1924.jpg
「絶対に遊んでやる!!!!!」そんな背中。

CIMG1930.jpg
トッピー船内の客室で、

CIMG1934.jpg
トッピー!

CIMG1940.jpg
トッピー翼走中。窓から海面を見ると、
本当のトッピーもバンバン翼走してた。

CIMG1943.jpg
着岸!港から近い土産屋に入ると...

CIMG1951.jpg
トッピー味噌。

CIMG1962.jpg
トッピーすりみ。

CIMG1948.jpg
トッピー 一夜干し。

CIMG1953.jpg
トッピーかまぼこ。

CIMG1956.jpg
トッピーラーメン...怖い。

屋久島の地魚はトッピーだけじゃーない!
CIMG1958.jpg
スモーク サバ。

CIMG1954.jpg
ゴマサバぶし。

CIMG1960.jpg
本枯鯖節

CIMG1963.jpg
屋久杉の土埋木で作られた魚の箸置き。

CIMG1964.jpg
こっちは違う形...愛嬌あるでしょ?

なんて思いながら、店内の奥に目をやると...

CIMG1967.jpg
女性化粧室に、

CIMG1971.jpg
でっかいエビが!...センス抜群。

CIMG1989.jpg
レンタカーを借りて「千尋の滝」へ。
巨大一枚岩と滝のコラボレーションが圧巻!

で、そこにある土産屋の看板↓
CIMG1990.jpg


CIMG1991.jpg
はら

CIMG1993.jpg
はら

夜飯は宿泊先で。

CIMG2020.jpg
伊勢海老うま!

CIMG2005.jpg
これはトビウオのつけあげ。「魚のつみれ」
なんだけど、トッピー好きにゃたまらない☆

CIMG2007.jpg
食べ終えても余韻が効いてる!

CIMG2032.jpg
亀の手の味噌汁。最初、「カメ!?」だと思って
ビックリしたけど、フジツボの仲間なんだってね。
初めて食べたけど、珍味珍味してて美味しかった!

CIMG2015.jpg
この後、屋久島の芋焼酎をいただいて爆睡〆

二日目に続く♪
posted by 森田釣竿 at 19:12| Comment(7) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月24日

同窓会祭 強意の三つ巴

9/21木曜日
噂の三組が五年ぶりに集結!この夜、激ヤバ 間違いなし・・・
というわけで、行ってきたのは渋谷O-WEST「同窓会祭 強意の三つ巴」。
ザ・スニーカーズ・氣志團・そして、ニューヨークから帰国して、
今波に乗ってる「ゲビル」が揃うってんだからコリャたまらん!

CIMG1711.jpg
お客さんもいっぱい!チケットもプレミアついたんだって?
とにかく!3バンドの久しぶりの共演にO-WESTは熱気ムンムン。

個人的な希望だけど、またこんなイベントが見たいよ。
まだ、ゲビルがダースゲヴィルって名前で主催してた、
「戦頭 バトルヘッド」みたいなさ。そんな願いを込めて...

CIMG1710.jpg
花輪でお祝い。若、頑張ってよー〆

ちょっとボケてるけど、おまけ写真
CIMG1707.jpg
三つ巴の前日、かむゐのリーダー島口さんと、
和太鼓奏者の御木さんとカラオケ屋で三つ巴(笑)。
そして!ニッポンタンバリンズを結成!!!
活動はカラオケ屋のオリジナルカクテルを
六時間以上飲み続けながら、タンバリンを振る...だけ(笑)〆

posted by 森田釣竿 at 17:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月21日

星屑の会 「星屑の町〜東京砂漠篇」

9/19(火)
鷹丸さんのお誘いで、
(こんな人!→http://blog.yomone.jp/morita/2006/06/index.html
下北沢 本多劇場へ「星屑の会 星屑の町〜東京砂漠篇」の観劇。

PICT0003.jpg
鷹丸さんと石井光三さんは20年以上のお付き合いになるだそうだ。
ごっつぁんです!

PICT0004.jpg
地元に戻って鷹丸さんおすすめのお店で夜飯。
鷹丸さんの食べる量と食べるスピードに感覚が麻痺してしまい、
いつも以上食べちゃって腹パンパン。18人前ぐらい喰ったのか?
とにかく...ご、ごっつぁんです!

PICT0008.jpg
でも、アイスは食べれる。ごっつぁんです!!!!! 〆

石井光三オフィス→http://www.ishii-mitsuzo.com/
粋な相撲料理 ちゃんこ鷹丸→http://www18.ocn.ne.jp/〜takamaru/


posted by 森田釣竿 at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年09月17日

バーベキュー

なかなかタイミングがなくて日にちが経っちゃったけど、
一週間のできごとを簡単にまとめ!...ね。

9/10日曜日、市場が終わってから
江戸川放水路河川敷でバーベキュー。
今回は、鯨太郎(見習い)プロデュース!

CIMG1459.jpg
とにかく、色んな食べ物を焼いて食べた。
久しぶりに焼肉っぽい肉も食べたっけ。

CIMG1447.jpg
こういうときの鯨太郎(見習い)って、
ホントいきいきしてるんだよなぁ...。
仕事もバンドもそのテンションだったら、
もっと最高だぜ!ガンバレ!鯨太郎!

CIMG1457.jpg
鯨太郎(見習い)の弟、鯨小太郎(もっと見習い)
が俺の隣にやってきて、フランクフルトを喰いながら
超適当な挨拶...「こんちは!モグモグ」みたいな(笑)。

CIMG1458.jpg
しっかし!小太郎...良い顔してんな〜。
フランクフルトが似合い過ぎ!
兄貴に負けない立派な猟師になってくれよ〆




posted by 森田釣竿 at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年08月30日

線香花火

国産の線香花火を買って、
ベランダで火をつけてみた。

CIMG1168.jpg
「不知火牡丹」九州最古の花火メーカーが制作しているらしい。

CIMG1170.jpg
「こより」から、繊細な手作業の優しさが伝わってくる。
15本入りで498円だったかな?
「中国産より高い!」とか野暮なことは言わない!
にしても、和紙の色が綺麗だねぇ...ジミヘン絞り染めTシャツ。

CIMG1181.jpg
手作業だからこそ、一本一本が「完璧」ではない。
そこがまた良いんだよなぁ...これはすぐ落ちた。

CIMG1183.jpg
なんだか良さそうな感じ。ガンバレ!

CIMG1191.jpg
おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
よし!これだ!これなんだよ!!!!!

CIMG1187.jpg
「ボタッ!」...落ちた。

火の玉がジュクジュクと膨らんでいくと、
四方八方へと見事な火花を散らして進む。
しかし、必ずやってくる「終わりの静けさ」に、
線香花火の魅力が凝縮されている。

小さい頃は、爆竹・ロケット花火・煙玉
ドラゴン・う○こ玉(へび花火だっけ?)
しかやらなかったけどねぇ。。。

もうじき夏も終わりか?
国産花火を楽しみましょう〆
posted by 森田釣竿 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年08月18日

浦安市 納涼盆踊り大会 その5

CIMG0429.jpg
浦安の屋台で毎年一番人気の「玉子ミックスフライ」。
小麦粉・玉子・山芋・玉葱・重曹に、衣を付けて揚げ、
ウスターソースに「ドブン」と付けて出来上がり!
ってだけのどうって事ない食い物なんだけど、
小さい頃から喰ってるから「思い出の味」
みたいになっちゃってんだよなぁ。。。
小学生の頃、神社で開かれる植木市や祭りっていうと、
この屋台が必ずやっててさ、夜飯も喰わずにコレ買って銭湯に
遊びに行ってたっけ。

CIMG0451.jpg
貧乏くさくペラペラ(これ大事)に揚げるのが玉子フライ!

CIMG0461.jpg
美味そうでしょ?(笑)腰抜かすほど素朴な味。

CIMG0324.jpg
「やっぱ、美味い!」

続く



posted by 森田釣竿 at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 休市日誌

浦安市 納涼盆踊り大会 その4

まだまだ屋台いくぞ!

CIMG0438.jpg
射的。昔、エロZIPPO欲しくて六千円使ったことがある。

CIMG0445.jpg
あんまり意味ないやつ。

CIMG0440.jpg
もっと意味ないやつ。

CIMG0468.jpg
さらに意味ないやつ。

続く
 
posted by 森田釣竿 at 16:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 休市日誌

2006年08月17日

浦安市 納涼盆踊り大会 その3

世界中の食べ物が味わえるのも近代屋台の魅力だ。

CIMG0324.jpg
敦煌!

CIMG0383.jpg
クラフトワーク!

CIMG0444.jpg
渋谷タワレコ前!

CIMG0400.jpg
ムエカッチューア!

CIMG0400.jpg
クリス・ドールマン!

CIMG0390.jpg
原一平!

続く
posted by 森田釣竿 at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 休市日誌

浦安市 納涼盆踊り大会 その2

CIMG0422.jpg
「なつの想い出」定番!

CIMG0398.jpg
光り物屋。これも子供は好きだよね〜。
ブルーハワイ&メロン&霜降りと同じで、
あの色にやられちゃうんだろうね...単純!
また、その単純さが良いんだけどね(笑)。

CIMG0398.jpg
今度は女の子向けの「ままごと」のおもちゃ屋台。
ままごとを「した子」と「しなかった子」とじゃ、
先行き違ってくるっていうから侮れない遊びだよ〜。
「よい子の夢づくり」ってのもお茶目!

CIMG0417.jpg
ままごとで売ってた魚介類。
けっこう色々な種類の魚があって驚いた。

CIMG0423.jpg
ピロロロロロロロ〜水笛。
下北沢みたいな配色。

CIMG0431.jpg
みんな真剣!何やってるか分かるかぁ?

CIMG0434.jpg
そう!「型抜き」(笑)。
ガキの頃、よくやったなぁ...

CIMG0434.jpg
傘とチューリップが1000か...もっと色んな種類なかったっけ?
これさ、水に濡らしてやると上手にできるって言うんだけど、
それやるとカタがカピカピになってバレて怒られんだよね!
面白い遊びだなぁ...ボッタクリに近いけど(笑)。
でも、手先を使うのは脳味噌に絶対良い!

CIMG0423.jpg
クレイジー美容室みたいなクレープ屋。

続く
posted by 森田釣竿 at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 休市日誌

浦安市 納涼盆踊り大会 その1

地元の盆踊りへ行ってきたゼ!
露店も色々とオモロかったゼ!

CIMG0466.jpg
こんな感じで300m以上に渡って露店が並んだ。
ホント夏って感じ!風情があっていいよね〜。
ガキの頃に戻った気分で、ちょっと覗いてみっか!

CIMG0402.jpg
シロップかけ放題って売り文句に、氷が溶けねぇか心配になった。
でも、ブルーハワイかメロンだったら、思いっきりブッかけて喰ってみてぇ!
なんて一瞬思っちゃうんだよな〜。あの色にやられちゃうんだろうね。
霜降りの肉見て、ヨダレが出るのと一緒。単純だよ、脳味噌は。

CIMG0424.jpg
これは「あんず飴」だな。今じゃ、スモモが主役だけど、
その脇役みたいにいる「ソーダ飴」は売れんのかな?
水飴にソーダ飴って、アクエリアスにアクエリアスレモンぽくない?

CIMG0425.jpg
ヨーヨー釣り!これ人気なかったよ〜。
今どきの子供等は、ボンボンで遊ばねぇのかな?

CIMG0407.jpg
逆に子供等で大賑わいの「スーパーボールすくい」。
絶対にすくえねぇ流れの速さ(笑)にムキになる子供等の顔が、
鬼怒川ライン下りの観光客ぽくて良かった!

続く







posted by 森田釣竿 at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 休市日誌